カテゴリー別アーカイブ: 日記

引越しで起こりやすいトラブル

引越しではトラブルが意外につきものになっています。
できるだけそういったトラブルは避けたいと思いますが、避けれないときは避けれないので、事前にある程度想定しておくほうが良いです。
想定できるトラブルとしては、早朝や夜間に引越しをしてしまい、うるさいと言われるトラブルもあります。
階段などを占領して通れなくなり、トラブルにもなります。
エレベーターを占領することで、住民が使えずトラブルになったりもします。
こうならないために、事前に対策をするのも良いですし、そういった状況にあった場合の対応を考えておくのも良いです。

家具や家電の配置が決まらない

引越しをして新しい場所に住むときに私が一番悩むのは、家具や家電の配置についてです。引越し前に大体の配置は頭の中で決めているのですが、いざ新居に入りその決めたとおりに配置してみると思い通りでなかったりしっくりいかなかったりして、結局何度も配置しては移動、そしてまた配置といった風に余計な苦労をします。
とくにキッチンに関しては本当に悩みます。大型の家電や家具を一番多く置く場所なので、上手に動線も考えながら配置しなくてはならないので、何度もやり直します。冷蔵庫はキッチンスペースから近いほうがいい、いやでも火の近くに置かない方がいいなどと考えているといつまで経っても決まらないといったこともあり、理想の配置とは程遠い所で妥協するしかなくなってしまいます。

★安くに関する情報が満載♪
http://xn--navi-u83c947yik6aoo2bgsb.com/hikkosi_ziki.html

引っ越しをきっかけに変わった友人

私の友人で引っ越しをしてから性格が変わったという人がいます。
その子は、引っ越しする前はとても部屋が汚く、脱いだ服は脱ぎっぱなし、
ごみはゴミ袋にはまとめるけど、そこからゴミ捨て場まだは持っていかない、
食べ終わった食器はシンクに山積み、トイレはトイレットペーパーの芯だらけ、
といった感じで、よくテレビで見掛けるゴミ屋敷そのものだったそうです。
しかし、引っ越しをする段になり、その時は片付けに大変だったそうですが、
キレイになった自分の部屋を見て、なぜ掃除しなかったのか反省したんだそうです。
そして新居へ引っ越すと性格が180度変わり、
使ったものもちゃんともとへ戻す、服はちゃんと洗濯機へ、
掃除をきちんとし、ゴミは溜まらなくなったそうです。

▽一押しのサイト
引越し情報のまとめ~費用の相場から業者まで~

引っ越しは生活自体をリセットする効果があるのかもしれませんね。。

いい生活のための仕組みを

お子様がいるようなご家庭がとても多いですが、お子様がいるような時には、迷惑をかけてしまうよな可能性がり、お子様がいるといったことをしっかりと近隣に伝えてみて、よろしくお願いしますといった気持ちを伝えてください。そして、引っ越しをするときにはいろいろと方法があって、自分の引っ越しスタイルにあったような方法を利用してみるといった言葉一番ですが、やはり引っ越し業者に頼むといった方が多いです。
そして引っ越し業者に引っ越しを頼むといったことはいろいろといいことや悪いことがあって、引っ越しのプロに依頼するときには、お仕事がとても速くて丁寧に行ってくれるといったことや、家族や女性やお年寄りなどその方にあったようなプランがたくさん用意されています。

引越しの際に荷物を減らす方法

私は現在30代の男性です。これまで3、4回ほど引越しを経験しました。引越しを経験するたびに、荷物を減らして身軽な状態でいたいと思いますが、何年か住んでいると自然と荷物が増えてしまうものです。今日は、そんな私が考える引越しの際に荷物を減らす方法と判断基準について記したいと思います。
まず、引越しの準備として行うのが荷造りです。さて、荷造りのときに、もしかしたら前回引越してから全然空けていないダンボールはないでしょうか。それは確実にいらない荷物ですので、すぐに処分しましょう。一般に、3ヶ月ほどクローゼットに眠っているものは必要ないものと言われています。ですので、私の場合はガンガン捨てるようにしています。

新聞紙が無くなったら洋服で代用

引っ越しの準備で用意したとして、新聞紙が無くなったらどうしましょう。その時の緊急方法として、ダンボールの上と下に一枚づつ、洋服を引くのです。洋服は新聞紙以上にクッション性がありますので、この方法を覚えておくと良いでしょう。食器などの割れ物の場合は、食器と食器の間に洋服を一枚入れることによって、随分効率よくお皿を収納出来ます。その際、横に隙間が出来ると思いますが、その隙間にも洋服を入れることを忘れずに。これを怠ると、横方向の振動ですぐに割れてしまいますので。その際に注意が必要なのは、ダンボールを開封するときに、カッターなどで開けると、洋服も一緒に破れてしまうことがあるので、これもマジックで書いておいてください。